金利とは

そもそも金利とはどういったものなのでしょうか。金利とは借りたお金を返す際に支払うことになる利息の割合のことです。そのため金利というのは%で示されるのです。消費者金融の広告には金利が表示されています。たとえば3.0%から18.0%と表示されていることがあるでしょう。これが金利なのです。利息というのはレンタル料のようなものです。その計算に使われるのが金利です。

金利金利というのは基本的に年率のことです。つまり、1年間お金を借りたときにどのくらいの割合で利息が発生するのかを教えてくれるのです。金利が18%となっているならば、1万円を借りると1年後には利息が1800円となります。

ただし、実際にはお金を借りるときには毎月返済することになります。そのため、毎月利息も支払うことになるのです。これを計算するためには元金に金利をかけて、それを365で割って、さらに借入期間の日数をかければ良いのです。このように計算をすれば1月あたりの利息や1日あたりの利息を計算することができるでしょう。

したがって、金利ができるだけ安ければ利息も小さくなるため、お得になるのです。金利には法律によって制限があるため、その範囲内でそれぞれの消費者金融が金利を設定しています。